【 自分の空き家、もういらない!③ 】 相続放棄は3ヶ月以内

「相続放棄は3ヶ月以内に!」

相続放棄と空き家の3か条
「3ヶ月以内に放棄!」
「他の財産も放棄になる!」
「家の管理義務は残る!」

売れない、固定資産税がかかる、修繕しないと危ない
などの理由から、手放したい家がある場合、

「相続放棄をしてしまおう!」と考える方がおられます。

放棄するのに、まず抑えておかないといけないのが、
「相続したことを知ってから3ヶ月以内に手続きしなければならない」ことです。

「知ってから」なので、「親が亡くなってから3ヶ月以内」ではありません。
ただ、「疎遠になっていた親が亡くなっていた」等の特殊なパターンでなければ多くの場合、「親が亡くなった日」=「知った日」になると思います。

ですので、相談者からたまに聞くセリフ
「3年放置してたけど、もう使わないし売れそうもないから、相続放棄してしまおうかな」
という、都合の良いことは出来ません。

相続放棄するなら、親が亡くなってから比較的すぐに判断→行動しないと放棄できなくなってしまいます。

ココ、すごく重要な点です。
頭の片隅に覚えておいてください。

次回は、「家の権利だけ放棄はできないぞ!」をご覧ください。