道路に面していない空き家、どうする?

2018年8月9日 カテゴリー:空き家ブログ

先日、空き家所有者さまの相談を電話で受けました。

先に場所を書面でいただいたので、住宅地図で確認しました。
建物は載っているが、道が無いように見える。

とは言っても、実際には細い道くらいあるだろうと現地に行き、
周辺を何度も行ったり来たりしましたが、道が全く見つからない。
住宅に囲まれた奥の方にチラッと建物が見えるが道が見つかりません。

場所が間違っているのではないかと思い、帰ってから所有者さまに
電話で確認しました。
間違っていませんでした。

昔、別荘のような使い方をするため購入したらしく、
自然の豊かさに惚れたため、あえて道路沿いではなく、
少し奥の土地を購入したそうです。

家は15坪ほどの小さな平屋

もう数年放置しているため、通路が木々に覆われて
現地に行っても道がわからなかったようです。

昔は子供を連れてよく遊びに行った避暑地
しかし、今は使うことがなく心の重荷になっているそうで、
テレビで空き家特集を見るたびに「なんとかしなくちゃ」と
心を痛めているそうです。

今回は湖南市が空き家サポートセンターを立ち上げたことを知り、
「これで救われるかも」という思いからご相談いただきました。

私の方でももう一度現地に行き、木々をかき分けて家を見にいってみます。

9月から始まる「空き家バンク」で公開できるように現在調整中です。

湖南市は「昔からある在所」「工業団地向けに開発された住宅街」
「別荘地として開発された住宅街」「都会のベットタウン」といった
いろんな顔を持った住宅街が混在しています。
なので、空き家所有者さまのお悩み事もさまざま

あきやナクスは誕生したばかりなのでまだ未熟ですが、さまざまな
方々のお悩み事に対応できるように経験を積んでいきたいと思います。

 

あきやナクス センター長 吉田